スマホではたらこ

スマホでお仕事できる複業に特化したサイト

ドットマネー( .money )| Ameba(アメーバ)独自ポイントは換金用に使うべし

f:id:writer036bloger:20200519131305j:plain

Ameba

ポイントサイトによる"ポイ活"は、現金化、ギフトカード、他社ポイントへの交換が最終的な目的となるはずです。各ポイントサイトでは多種多様な交換先がありますが、なかなか貯まらない貴重なポイントを銀行振込にすると手数料が発生してしまいます。必死で1円の積み重ねが出口(現金化)で手数料が300円とか…何のためにポイ活しているのかわかりませんよね?そこでオススメなのが、アメーバ(Ameba)の独自ポイントであるドットマネーの活用です。

 

 

 

 

ドットマネー( .money )とは?

f:id:writer036bloger:20200519131445j:plain

Ameba

ドットマネーは、(株)サイバーエージェントが提供するネットサービス、アメーバの独自ポイントです。多くの芸能人も利用する無料ブログサービスや、アバターのパイオニアであるアメーバピグが有名ですね。

ドットマネーは、アメーバブログ内でのアフィリエイト報酬としてや、ドットマネーモール(ポイントサイトと同様のサービス)でドットマネーを貯めることも可能です。そして最大のメリットであるポイントの集約化に欠かせない存在なのです。

 

Ameba 運営会社概要

会社名: 株式会社サイバーエージェント

所在地: 東京都渋谷区宇田川町40-1 Abema Towers

代表者: 代表取締役社長 藤田 晋

設立: 1998年3月18日

資本金: 7,203百万円

事業内容: メディア事業、インターネット広告事業、ゲーム事業、投資育成事業

 

ポイント交換手数料なし!多種多様なポイント交換先!のメリットは強い

f:id:writer036bloger:20200519134628j:plain

Ameba

ポイントサイトで友達紹介を沢山獲得できている方なら問題ありませんが、ひとりでコツコツとポイ活をされている場合、たった1円でも重みを感じるはずです。やっとの思いで最低ポイント交換条件を満たし「さ〜現金化だ!」と思っても銀行振込手数料300円かかりますなんてこともザラで、そんな場面で活躍するのがドットマネーです。

他社ポイントをドットマネーに交換する際、交換手数料はありません。しかも提携ポイントサイトは最多である41サイト!他にもアフィリエイトサイトやクラウドソーシングの報酬などもドットマネーに交換できるのです。

 

d-money.jp

 

 

 

振込手数料が無料

ドットマネーは「1マネー = 1円」で、しかも手数料無料で現金、各種ギフトカード、電子マネーなどに交換できます。

d-money.jp

 

各種ポイントサイトのポイントをドットマネーへ交換する理由は、現金化する際の手数料がかからない点です。しかも提携先が豊富なため、少ない各種ポイントをドットマネーに集中させることで、ドットマネーの最低交換条件もカンタンにクリアできるメリットは計り知れません。

 

ドットマネーの使い方次第でポイント増量

各種ポイントをドットマネーに集中させるもう一つの理由として、ドットマネーからの交換で更にポイントが増量となるキャンペーンが豊富で、毎月キャンペーンを実施しています。

f:id:writer036bloger:20200519165536j:plain

Ameba

 

 

 

ドットマネーのデメリットとは

当然ながらメリットが多いだけではなくデメリットも存在します。「ドットマネーは使わない方がいい」のようなネットの口コミもあるようですが、ドットマネーには有効期限が存在します。基本は6ヶ月後月末となりドットマネー通帳で常時確認できます。

獲得方法による失効までの期間
■ドットマネー by Ameba
ポイント交換でためる:6ヶ月後月末
交換失敗により返却されたドットマネー:
・15日までに返却された場合:返却された当月末
・16日以降に返却された場合:返却された翌月末
■ドットマネーモール
アプリ・アメブロでためる:翌月月末
広告サービスでためる:6ヶ月後月末
ショッピングでためる:6ヶ月後月末
デイリースクラッチ:翌月月末
かんたんお仕事でためる:6ヶ月後月末

引用元: Ameba

 

ドットマネーモールで無料ポイントを貯める

f:id:writer036bloger:20200519171952j:plain

Ameba

ドットマネーモールでは、ポイントサイト同様の仕様なので、広告案件に参加することでドットマネーを報酬として受け取ることができます。他にも無料ポイントが充実しており、スクラッチ、星占い、クッピグは30秒もあれば完了する手軽さで最大5マネーを獲得することが可能です。

 

ドットマネーは毎月最小額を交換して無駄なく利用

ドットマネーのデメリットである有効期限。特にドットマネーモールで獲得した有効期限が1ヶ月と短い無料ポイントを失効させないために、他社ポイントをこまめにドットマネーへ交換し、毎月月末に最低交換額であるドットマネーを現金化またはその他ポイントなどへ交換することをオススメします。

 

 

 

「ペイパル」ドットマネーとの相性は抜群

f:id:writer036bloger:20200519174003j:plain

Ameba


個人的なことで恐縮ですが、最近実施しているドットマネーからの交換先として「paypal」を利用しています。ペイパル口座は海外でのネットショッピングのため以前から所有していたので、ここへドットマネーからの現金化として利用しています。その理由としては、最低300円分から交換が可能であるハードルの低さ。ペイパル口座に入れてしまえば、そのままショッピングにも使えるので便利です。

 

f:id:writer036bloger:20200519175056j:plain

Ameba

個人的な目標として、ペイパルは銀行への出金の際、5万円未満の場合は手数料が発生してしまいます。5万円未満で出金してしまってはドットマネーを経由する意味がなくなってしまいます。そこを逆手に取り「5万円以上になるまで貯める!」チャレンジを始めました。

ドットマネーの有効期限が切れるものを優先して交換しているので地道な作業となりそうですが、何もないところからお金が生まれる楽しみはあるかもしれません(笑)

 

さいごに

「ポイントの集約化」として有効な唯一のポイントサービスであり、今後ドットマネーへの提携先は更に増えていくと予想されるので、今後の展開次第では今までとは違ったドットマネーの利用法ができるかもしれません。

 

d-money.jp