ズボラログ

ズボラーがブログに挑戦!いつまで続くのか?

スキル販売は[ココナラ]、有料[note]どちらが良いのか試してみた

f:id:writer036bloger:20190428233454j:plain

「情報商材」や、自分の持つ「スキル」を販売することができるプラットフォームが充実してきました。実は私も、その波に乗ってみようとスキル販売を去年チャレンジしてみました。

人それぞれ「得意なこと」ってありますよね?自分自身で「得意なことなんてないよ」と思っていても友人や知人など周りからみてもらうことで、自分の「得意」が見えてきます。

私が去年、有料[note]と[ココナラ]でスキル販売にチャレンジし、実際にどちらが売れるのか?使い易さは?などの比較と、もし買う側ならどちらが良いのか?販売も購入も経験した結果をもとに掘り下げてみます。

 

 

 

スキルビジネス[ココナラ]と有料[note]どちらで販売すべき? 

 ココナラ、note共に情報やスキルを販売、又は購入することができます。スタイルは違えど自分がクリエイターとしてスキルを販売できる点として、どちらも好まれている代表的プラットフォームです。※ note は情報商材の販売は表向きNGとされているようですが明確な判断基準がない状態にあります。

 

note とは

f:id:writer036bloger:20190428005042p:plain

「つくる、つながる、とどける」をテーマとした、文章、イラスト、写真、音楽、映像などを気軽に投稿できるクリエイターと読者を繋げるサービスです。

 使ってみるとわかるのですがブログのようでブログじゃない、自分がクリエイターになった感じが心地良いというか、自分を表現する場としての活用に最適なプラットフォームです。

特徴としては、自分が生み出した作品を有料、無料公開どちらでも選べ、更に「投げ銭」を受け取ることができるサポート機能もある点が魅力です。クリエイターとして、自分の価値を高めるために[note]から始める方々も多いように感じます。

 

ココナラとは

 利用者100万人、出品数20万件、国内最大級である、知識、スキル、経験を売り買いできるフリーマーケットです。

フリーマーケットは「物」を売り買いするイメージですが、ココナラでは「物」ではなく、あなたの持つ「経験やスキル」が商品となります。

主に、イラスト、似顔絵、占い、相談、ライティング、WEBデザイン、サイト作成など、ネットや電話で完結できるものが大半を占めています。

 

実際に[note]と[ココナラ]で販売してみた結果

私が昨年(2018年)、販売したものは「少額バイナリーオプション&FX裁量スキル提供。 リスクを極限まで減らしメンタル維持に努める少額投資法」いわゆる投資系の情報商材です。もともと外国為替市場に興味があり、FXやバイナリーオプションでの投資、投機をしていたことが始まり。この投資に関わる実績報告も兼ねてブログで書いていたことが原点となっています。「怪しい」とか言わないで下さいね(笑)本人は至って真面目に書き上げましたから。(ちなみに現在は販売終了しています)

 

まずは[note]で販売開始

もともと note のアカウントを持ちコラムやSS小説などを書いていたので、この有料[note]を活用しようと決めました。実際に投資系の有料noteを販売している人もいたので、そこそこ需要はあるのかなぁと。

問題点として、自分はハッキリ言って無名なので書いていたブログでの告知だけが販促経路となっていました。有料noteのボリュームは7,000文字くらいです。

 

■ 2018年4月(初月)

  • 有料note 300円で販売開始

当月に 4件購入して頂きました。売れないだろうと思っていたものが 4件も売れたので、ちょっと驚きでもありましたね。

 

[note]に加え[ココナラ]販売開始

■ 2018年5月(2ヶ月目)

  • 有料note 300円で販売継続
  • ココナラ 500円で販売開始

ココナラは、有料note で販売していたものと同じ内容です。ココナラの最低販売額が500円なので、有料note とは200円の差額が発生しています。比較検証も兼ね 5月だけnoteは300円を維持させ、ココナラは500円で販売することに…


■ 2018年5月の販売実績

  • 有料note 3件ご購入いただきました。
  • ココナラ 4件ご購入いただきました。

 ジャンルが「投資、投機」の場合、有料noteとの相性は悪い可能性が…実際に有料noteの購読者さんは、noteにゲスト登録している人ばかりでした。言い換えれば、既存のnoteユーザーには興味のないジャンルなのだと理解できます。


推測ですが…

私のブログからのリンクで[note]にゲスト登録し購読という流れになっているのでは?もともと[note]利用者ではないという事ですね。有料note はジャンルが凄く大切で…[note]に適したジャンル、例えばブログやTwitterでのPVやフォロワー集めのようなジャンルが受け入れられるようにも感じます。


ココナラは幅広いジャンルに対応し集客力も強い

ココナラはスキル販売を主にしているので、はじめから「投資、投機」ジャンルを探している方が購入してくれているようです。ココナラの価格設定が有料noteよりも高額なのにココナラの売上が良いのは何故か考察してみると…


有料note とココナラでの「スキル販売」を同一ページでリンクするブログを公開していました。このブログを見れば一目瞭然で価格差が認識できる状態であり、[ココナラ]での説明文を読めば[有料note]は300円で買える事がわかるようにもしていました。では何故?差額分200円を出してでも[ココナラ]で購入するのでしょうか?

  • 普段からココナラ利用している
  • noteユーザーではない(ゲスト登録すら面倒)
  • ココナラで不定期クーポンが発行される
  • ココナラで不定期福引クーポンが当たる
  • ココナラポイントが使える
  • ココナラポイント倍増キャンペーンが魅力

定期的にココナラを利用している方にとってはメリットが多く、実質ココナラでの購入のほうがお得になるのではと推測しています。

 

 

[ココナラ]だけに販売を一本化 

[note]での販売を終了。[ココナラ]での販売価格の500円は変えずに先着20名という条件を追加。2018年6月、7月でトータル20件ご購入いただき先着分を達成しました。その後、1000円に値上げし 6件ご購入いただくまでに…ココナラは「投資、投機」系の激戦区でもあり無名の私には厳しい条件でしたが、出品すること自体は無料なのでチャレンジし、ブログでの好実績が功を奏し購入への布石となったようです。

 

 ▽ ココナラで販売はこちら

[ココナラ]で重要視される取引後の評価

ココナラでは、1件目の販売が凄く大変です。全く実績のない人からスキル購入することってリスクの予感しかしませんよね。なので私の場合、ブログという別のプラットフォームで実績を公開し、購入に至るまでの導線を作りました。

スキルが売れ取引後にお互いを評価することができます。ヤフーオークションと同じような仕組みです。その評価は、私の経験上オークションなどの評価とは桁違いな影響力を持っているようです。

 

▽ 私の総合評価

f:id:writer036bloger:20190428215612p:plain


▽ 良い評価を頂けると自分自身も嬉しいですし、その後の販売も好調です。

f:id:writer036bloger:20190428220157p:plain

 

▽ ネガティブな評価を頂くと、ピタッと購入が止まります。

f:id:writer036bloger:20190428220358p:plain

スキルや情報商材の内容が良いか悪いかは人それぞれなのです。そのリスクをなるべく下げるため、購入前に注意事項をブログや出品説明、購入後のファーストコンタクトで納得頂いた方だけ購入を許可していても、ネガティブな評価は避けられない場合もあるのです。この個人差に対応することが一番難しいと感じました。

 

海外投資系カテゴリー削除へ

私のスキルは、海外投資系のカテゴリーへの出品でしたが、このカテゴリーはココナラに限らず金融庁からの注意喚起がありカテゴリーごと削除となり、私のスキルは販売できなくなってしまいました。

 

結果、トータル販売数26件、売り上げは 16,000円で終了。手数料を除いた最終利益は、11,680円となりました。

f:id:writer036bloger:20190428222742j:plain

 

有料[note]と[ココナラ]手数料比較

note やココナラでスキルを販売すること自体は無料でできますが、購入された場合は手数料が発生します。その手数料を比較してみました。


note 手数料

  • 決済手数料 10%
  • クレジットカード手数料 5%
  • 携帯キャリア手数料15%
  • 振込手数料は無料

随時決済手数料が10%発生し、決済方法がクレジットカードであれば5%プラスされ、携帯キャリアでの決済であれば15%加算されます。なので最高でも25%の手数料となります。


ココナラ手数料

f:id:writer036bloger:20190428223549j:plain

※振込は振込手数料160円となりますが、3000円以上の振込の場合は手数料無料となります。

 

ココナラは手数料が高い!との声がありますが「物販」ではないため、物を仕入れるコストもリスクもありません。
どちらも手数料で最大25%は結構厳しめですが、紙媒体の印税に比べたら電子書籍コンテンツは、かなりの利益率だと感じます。

 

購入するなら、note? ココナラ?

私自身、note、ココナラ両方での購入も販売もしてみて気づいたのですが、noteは購入者にとって不透明な部分が多いなと感じます。そこには販売している方の評価がないからで、購入して初めて良し悪しがわかるのです。その点ココナラでは出品者の評価が購入前に確認できるので安心です。しかも購入後の事前打ち合わせによる詰めの擦り合わせで購入後にトラブルへ発展するリスクも少ないと感じました。

 

▽ ココナラでの購入はこちら

まとめ

私が販売していたスキルはFXやバイナリーオプション取引という『お金儲け』的な内容と、とらわれ易いので悪いイメージがあるのかな?と心配していましたが、購入頂いた方々は、皆さん紳士的であり勉強しようとの意識が高い方ばかりで、このスキルビジネスが一般的に浸透していることと、私のような学歴や経歴のない個人でも気軽に出品可能で実績を積み上げることにより、更なるビジネスへの飛躍も可能となる時代になったようです。